レシピ集

灰干し えび

酒つま!うまみ引き立つふっくら蒸しえび

今回はえびの蒸し料理に挑戦です。

赤えびの灰干しを使って蒸しえびを作りました。しっとりした身質の赤えびは、蒸す事でふっくらな食感になります。蒸したて熱々の濃厚みそはやみつきにいなります。

塩味が付いているので味付けは不要です。

蒸しえびはそのまま食べても充分美味しいですが、色々なソースで味変も楽しめます。スイートチリソースを付けて、エスニック風のピリ辛蒸しえびも美味しそうですね。お好みのお酒とあわせてお楽しみください。

材料

赤えび灰干し… 1袋

手順

■STEP 1:赤えびの背に、調理ばさみで切り込みをいれます。

灰干し えび

■STEP 2:蒸し器に、えびがかさならないように並べます。

灰干し えび

■STEP 3:鍋に蓋をして、沸騰後弱火で4分、火を止めて4分蒸らして完成です。

灰干し えび

今回使った商品のご紹介

「蒸しえび」で使ったのっは「赤えび灰干し」です。

灰干しにする事で海老から適度な水分と臭みを抜き、旨味を凝縮する事ができます。九州で発達した灰干し手法取り入れ、登別の火山灰を使い作り上げました。焼いてもよし!素揚げもよし!天ぷらもよし!お好みの調理方法でお召し上がりください。

今回はお酒のつまみとしてご紹介しましたが、お正月のおせち料理や、お祝い事、おもてなし料理など、えびは様々な場面でお使いいただける食材です。冷凍庫にひとつあると便利かもしれませんね!ぜひ、皆さんも、この「赤えび灰干し」使って色々な料理にチャレンジしてみてくださいね。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。