レシピ集

本ずわいがにスープ ブイヤベース

魚介の旨みたっぷり!「本ずわいがにスープ」で作る、濃厚ブイヤベース

「本ずわいがにスープ」を使った「濃厚ブイヤベース」のレシピをご紹介します。

今回は、「本ずわいがにスープ」を使って、濃厚ブイヤベースを作ってみました。今回使った本ズワイガニのスープは「添加物不使用」なので安心して召し上がっていただけます。「本ずわいがにスープ」を使う事で、より濃厚で風味豊かなブイヤベースに仕上がります。ひと手間加えて、ご自宅で絶品ブイヤベースはいかがでしょうか。

具材のはお好みの魚介類で大丈夫です。おすすめの具材は「有頭えび」と「貝」です。スープに合わせる香味野菜は、じっくり炒める事で甘みが増し、スープの旨みを引き立てます。

ブイヤベースと相性の良い「ルイユ」や「アイオリ」といったソースを添えていただくと、さらにスープにコクが出ます。そんなブイヤベースにはしっかりした辛口の白ワイがおすすめです。スープが残った時は、パスタやリゾットにリメイクしてお楽しみください。

材料・・・・・2~3人前

本ずわいがにスープ…300ml~350ml
水…150ml~200ml
玉ねぎ…1/2
人参…1/2
セロリ…1/3
にんにく…2~3片
トマト…1個
トマトペースト(市販のもの)…20g~30g
サフラン…ひとつまみ
チリペッパー…ひとつまみ
ローリエ…1枚
オリーブオイル…適量
~魚介類(写真使用分)~
有頭海老(赤えび)
生ホタテ…4個
あさり(砂抜きしたもの)…10個程度
いか…1杯
たら切り身…2切れ    ※お好みの魚介類でOKです

手順

■STEP 1:ベースを作ります。玉ねぎ、人参、セロリは千切り、にんにくはみじん切りにします。トマトは1㎝角に切ります。

 

■STEP 2:フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒めます。香りが出たら千切りにした野菜を入れ炒めます。

■STEP 3:しんなりしてきたら、トマトとトマトペーストを入れ、全体を混ぜ合わせ、水分を飛ばしていきます。サフランとチリペッパーも入れます。水分を飛ばしているうちに、魚介類の下準備をしていきます。

本ずわいがにスープ ブイヤベース

本ずわいがにスープ ブイヤベース

 

※このようになればOKです。

■STEP 4:魚介類の下準備です。赤えびは水で洗い、調理ばさみで足を切り、背中に切り込みを入れ背ワタを出します。ひげが長い場合は切り落とします。あさりはあらかじめ砂抜きをし、貝をこすり合わせきれいに洗います。ホタテはウロを取りきれいに洗います。卵はお好みでつけたままでも大丈夫です。いかは筒状の物を輪切りにします。たらは食べやすい大きさに切ります。

本ずわいがにスープ ブイヤベース

 

 

■STEP 5:赤えびとタラを香ばしく焼いておきます。

本ずわいがにスープ ブイヤベース

 

■STEP 6:「STEP 3」でできたベースと、「本ずわいがにスープ」、水、白ワイン、ローリエ、焼いておいたタラを入れます。蓋をして中火で約10分ほど煮込みます。(「本ずわいがにスープ」と水の量はお好みで調整してください。)

本ずわいがにスープ ブイヤベース

 

 

■STEP 7:残りの魚介類を入れ7~8分煮ます。あさりの口が開いたらOKです。

■STEP 8:魚介類をいったん取り出し、香味野菜とスープをこします。こしたスープを鍋に戻し少し煮詰めます。煮詰め終わった鍋に、先ほど取り出した魚介類を戻し、温めたら完成です。(魚介類は火を通しすぎると固くなるので、いったん取り出してからスープを煮詰める事をおすすめします。)

本ずわいがにスープ ブイヤベース

 

今回使った商品のご紹介

丸勝水産 本ズワイガニのスープ「濃厚ブイヤベース」で使ったのは、「極旨!添加物不使用のずわいがにスープで作る絶品カニ飯セット」でセット販売されている「本ずわいがにスープ」です。

このスープは本ずわいがにから抽出したエキスで作っています。
「本ずわいがにスープ」は添加物を使用しておらず、「安心」、「安全」の商品です。

今回はブイヤベースのレシピ紹介をしましたが、茶碗蒸しの出汁や、中華スープなど、和洋中で幅広くアレンジできる、とても万能なスープです。ぜひ皆さんも、この「本ずわいがにスープ」を使って色々な料理にチャレンジしてみてくださいね。

この商品の詳細はこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。